大量に増える前に|蟻が沸いた時の駆除と対処

レディー

鳩の被害

鳥

見方を変えると、鳩はある意味人間に寄生しているという考え方ができます。人間が、カラスや野良猫といった天敵を追い出すことにより、鳩はそこに生活しやすくなり、公園では餌をばらまいてくれる人もいます。最近では餌やり禁止の看板が増えていますが、それでもどこかで餌やりをしている人はいます。そして、そんな鳩は人間の住宅に侵入し、様々な害をもたらしてきます。
鳩の被害には、レベルがあります。初期段階は鳩が休憩所としてベランダに止まるというものです。この時、フンや鳴き声などの被害がありますが、まだ軽い段階です。しかし、それがだんだんと増えていくと、ついに営巣場所として住み着かれることになります。これがレベル4であり、もっとも鳩の被害が増える段階です。こうなると、衛生面をはじめ様々な被害が及ぶので、出来る限りレベル4になる前に対策を練る必要があります。
基本的な対策は、鳩が落ち着かない場所にするということです。鳥よけやネットを用意したり、剣山を配置しておくことで鳩が止まりにくくなり、営巣するといったリスクを減らすことが出来ます。それでも巣を作り始めた場合は卵を産み落とす前に撤去しましょう。法律上、卵や雛鳥がいない巣は撤去しても問題ないとされているからです。なお、ユニークな対策法として、鷹匠が鷹を近隣に飛ばすことによってものの二ヶ月で鳩が何処かに引っ越していったという事例もあります。つまり、天敵を作ることによって、それが対策につながったというわけです。