大量に増える前に|蟻が沸いた時の駆除と対処

レディー

ねずみ駆除と対策

ネズミ

日本では、基本的に外来種以外の動物の捕獲や駆除は禁止されています。被害にあった場合は、被害状況の報告を行い、許可を得なければ駆除ができません。しかし、ねずみだけは例外であり、ねずみ駆除は許可がおりなくても駆除及び捕獲は可能です。なぜなら、ねずみは危険な害獣であり、早急な駆除と対策が必要とされるからです。
ねずみは、大昔から厄介な害獣とされていました。弥生時代にはねずみ対策の建物などが考案されていたことから、人間との確執は相当長いものです。現代でもそれは変わらず、ねずみが家に住み着くことにより、様々な害が及ぼされます。例えば、糞尿やネズミの死骸の腐敗による悪臭、移動する時の物音による騒音、食べ物や電源コード、柱や壁などがかじられることによる環境の悪化、そして何より繁殖による被害の増加等がねずみによる主な被害です。そのため、放置しているとますます取り返しのつかない事態になるので、早急な対策が必要になります。
ねずみ駆除は、初期段階なら毒餌を仕掛たり侵入校を防ぐことで解決しますが、被害が拡大し始めたらねずみ駆除業者に依頼をしてねずみ駆除を行ったほうが被害は拡大せずに済みます。もし、自分で駆除しようとした場合、駆除し終えたあとにリフォーム代が必要になることもあり、そちらのほうがねずみ駆除を依頼するよりも高く付くことになります。そのため、ねずみ駆除はできるだけプロに任せましょう。